結納金不要な結納当日、タイ人嫁の親族の多さにビビる!人生転落物語【膨張編9】#19

スポンサーリンク
借金物語 借金物語

本記事は、第19話、【膨張編その9】。

※第18話、【膨張編その8】は、こちら

 

さて、結納当日のことを書いていくとしよう。

 

時刻は朝10時前…

ホテルから結納会場に行くために、次女の彼氏と三女の彼氏がホテルまで迎えに来てくれた。

三女の彼氏が所有するホンダ社の車に乗り込み、いざ、結納会場へ出発!

 

ブーン

 

近っ!

 

10分ぐらいで到着。

 

スポンサーリンク

タイ人嫁ちゃん家との結納の儀式!(嫁と会う回数6回目)

 

結納の儀式(訪タイ2日目)

 

タイ式結納の儀式

 

結納会場に到着したけど、キレイなレストランだった。

スクンビット大通りから、少し外れた場所にあったため、広々とした駐車場がある2階建てのレストランで、丸々、貸し切りだった。

嫁ちゃん一家が全て段取りしてくれたので、感謝。

 

レストランに入ると…

すでに、嫁ちゃんや嫁ちゃんの妹、そして親御さん、祖母だけでなく、親族50人以上が揃っていた。

正確な人数は不明…

 

これぞ、タイスタイル!

 

皆さん、いい感じで着飾っていたよ。

 

tadは、嫁ちゃんのご家族に会うのは2回目だが、tadの両親はもちろん初対面。

お互いに笑顔で会釈するも…

それ以上、何か起きるわけなく、自然と距離を開ける。

 

まぁ、そうなるわな。

 

tadですら間が持たないのに、両親はさらにキツイわな。

 

そんなことを思いつつ、タイ人嫁ちゃんより…

 

タイ人嫁
タイ人嫁

30万円出して!

tad
tad

お…おぅ。

 

2階に上がると、披露宴のためにセッティングされていた…

 

  • 結納金(10万バーツの札束10セット)
  • ゴールド
  • 結婚指輪など

 

合計200万バーツ相当が飾られていた。

 

そこにtadが昨日サラ金からキャッシングした30枚の1万円札で、さらにデコレーションし…

 

(見せかけの)タイ人嫁ちゃん家への贈り物としての結納金品が完成した。

 

なんとも滑稽な結納金品である。

嫁ちゃん家が自ら用意して、親族にドヤっ!と見せつけて、結納終了後、自ら回収するという…

 

まぁ、それもこれも…

 

tadに結納金200万バーツを払う資力がないこと、そして、そんな資力があると虚偽の発言したことが原因なんだけどね。

 

しかし、マジで200万バーツ相当の金品を用意すると嫁ちゃんのお義父さんの資力はすごいのかな?

 

そんなことを思いつつ、なんかよく分からんけど司会進行を務めてくれた嫁ちゃんの叔父さんがタイ語で結納の儀式を進行してくれた。

 

tadは、ちんぷんかんだったが、嫁ちゃんに指示されながら、

自分の両親や嫁ちゃんのご両親とハグしたり、しゃがみ込んで合掌しながら、お辞儀をしたりと…

タイ式結納の儀式は進んだ。

 

最後に、(見せ金の)結納金品一式をVUITTONのバッグに詰め込み、お義母さんが持って帰るというオチで閉幕。

 

これは、結納の定番のオチなのか、みんな笑う。

 

tadとtad両親はキョトン…

 

その後、みなさんで豪華なランチを食べて、写真を撮りまくり、結納は無事に終わった。

 

会計は、母親のクレジットカードで一括支払い!

 

tad
tad

ナイス母さん。

一応、値段は8万円ぐらいだったらしい。

 

tad
tad

いや、あのクオリティで50人以上の量で8万円は安すぎやろ!

とか、ツッコんだ記憶がある。

 

さて…

これからどうするんだろ?

 

時刻は、14時頃で、まだまだ陽は高い。

 

結婚式会場の候補地を親族と一緒に下見する

 

よく分からんまま、三女の彼氏の車に再び乗り込んだ。

今度は、三女の彼氏、三女、嫁ちゃん、tad、tad両親というメンバーだ。

他にも嫁ちゃん親族の車5台(だったと思う)が続々とレストランから出発。

 

どこに行くのか嫁ちゃんに聞くと…

 

タイ人嫁
タイ人嫁

結婚式の場所を見に行くよ。

とのこと。

 

tad
tad

(心の声)

なるほど…
そういうことなのか。

 

ってなわけで、結婚式会場を3ヶ所ほど回った。

 

1番安い場所は小さい体育館みたいな感じで、お粗末な感じだったのが印象的。

 

tad
tad

(心の声)

多分、めちゃくちゃ安いんだろうが、さすがにここはあかんやろ…

と、借金あるくせに、一丁前なことを思った。

 

その他2つの候補地は、大きなホテルだったので、まぁ〜いいんじゃない?って感じだったね。

 

まぁ、結局…

結婚式は2018年に挙げることになるのだが、この時、下見した会場を使うことはなかった。

 

あの下見は何やったんや…

 

そんなことを思ったけど、なんか期間限定でお得な結婚式プランを行ってるホテルがあったんで、そこに決定したのだが…

 

まぁ、それはだいぶ先の話で書くこととする。

 

その後、親族のうち何人かは帰宅され、最終的に20人程度のメンバーで、次女の彼氏の友達が店長であるレストランで、夕食を食べた。

この時の会計は、タイ人嫁ちゃんのお義父さんが支払ってくださった。

 

ほんで、最後に嫁ちゃんの実家に寄った際、

 

なんかtad母親が感極まって涙…

 

嫁ちゃんの祖母がハグで、涙するtadの母親を受け止めていた。

 

そんな光景を見て…

 

tad
tad

(心の声)

借金あるなんて口が裂けても言えない。

 

 

感動的なシーンを見ながら、借金野郎tadは借金のことを考えていた。

 

借金を抱えると心が毒されて…

精神が、めちゃくちゃ不健全な状態に陥るということを体感した。

 

そう、借金野郎tadの精神は、確実に崩壊していたのだ。

 

まぁ、借金270万円あるのに、嫁や家族に隠して結婚を決断するあたり、そもそも異常なんだけどね…

 

そうして、宿泊先のホテルまで送ってもらい、訪タイ2日目は終わった。

 

 

✅2017年1月時点

借入残高・・・270万円
積立預金・・・12万円

※(見せ金の)結納金30万円は、ちゃんと返してもらったので、
この日は、特に借入残高は増えなかった。

 

第20話は、こちら

 

コメント

  1. […] 第19話は、こちら! […]

  2. […] ※第19話、【膨張編その9】は、こちら。 […]