タイ人嫁とtadが愛情のあった頃を思い出した!人生転落物語【膨張編10】#20

スポンサーリンク
借金物語 借金物語

本記事は、第20話、【膨張編その10】。

※第19話、【膨張編その9】は、こちら

 

無事、結納の儀式は終わり、

キャッシングにより用意した、見せ金の結納金30万円も手元にちゃんと戻ってきたので、一件落着となった。

 

でね!

 

結納の翌日である訪タイ3日目の夜の便で、tad両親はtadよりも1日早く帰国することになっていた。

 

tad両親にとっては、初海外であり、初タイであるが…

どこに観光へ行けばいいのかよく分からなかったんで、とりあえず、ワット・プラケオに行くことにした。

案内人として、タイ人嫁ちゃん、三女ちゃん、叔母さんとその子供(14歳ぐらい?)が一緒に来てくれた。

 

今回は、トラブル無しで、平和な話となる。

 

借入残高は増えるけどね。

 

スポンサーリンク

タイ人嫁ちゃん家との結納の儀式!(嫁と会った回数6回目)

 

結納の儀式(訪タイ3日目〜最終日)

 

ふつうにワット・プラケオへ観光

 

なんてことはない、ふつうの観光だ。

tadにとっては、4回目のワット・プラケオであるので、まぁ、何の感動もないが…

tad両親は、物珍しそうにワット・プラケオを楽しんでいた。

 

タイ人嫁ちゃんといえば…

相変わらず、写真をパシャパシャ撮りつつね。

 

tad両親を驚かせたのは、初体験のトゥクトゥクだ。

 

基本、3人〜4人が乗車定員のはずだが…

7人で乗り込んだため、トゥクトゥクは、パンパン。

というか、tadは完全に、はみ出てたけど…

 

日本ならそれはアカンやろ〜

ってところも、タイスタイルと言わんばかりに、マイペンライの精神でオーケーなのでしょう。

 

はい。

一気に話を進めて…

 

ワット・プラケオのメンバーで、tad両親をスワンナプーム空港に送り、一緒に晩ごはんを食べてバイバイ〜。

 

ちなみに…

次回、嫁ちゃんと両親が会うのは1年後の結婚式だ。

 

そして…

その晩は、tadが宿泊するホテルに嫁ちゃんも宿泊。

 

どうでもいいけど、個人的に面白かったのが…

 

嫁ちゃんと宿泊するにもかかわらず、まさかのJF(ジョイナーフィー)を支払うという事態に…

 

たしか、700バーツだったかな?

 

tad
tad

パンラヤー(タイ語で『妻』)

と、フロントのスタッフに説明するも当然…

 

健全さん
スタッフ

マイダーイ(ダメ)

みたいな感じで一蹴され、支払いを回避できなかった。

まぁ、ホテル側したら予約内容と違うから、JF払えよって話だが…

 

そんな訪タイ3日目の夜だった。

 

ゴールデンウィークに予定している沖縄旅行予約

 

翌日、遅い時間に起床したので、バタバタしながら身支度し、ギリギリのチェックアウト!

そう、tadはこの日の深夜便で帰国するのだ。

 

そんな訪タイ最終日の出来事といえば…

 

日本で超大手の某旅行会社に行き、沖縄への航空券を予約した。

 

案の定、航空券代はtad持ち。

 

ってなわけで、借入残高が10万円アップした。

 

というのも、旅程は、ゴールデンウィークと思いっきりかぶるため、航空券は高めだったんで。

※tadは関空発の航空券で、タイ人嫁ちゃんは台湾経由で那覇空港入りする航空券。

 

tad
tad

(心の声)

また、借金増えたなぁ〜

って思いつつ、旅行会社を後にした。

 

その後、タイ人嫁ちゃんが(日本語を学ぶのに)通っている語学学校の授業料を払うのに、付いて行った。

※授業料は、当然ながら、タイ人嫁ちゃんが支払った。

 

せっかくなんで、語学学校の施設内にある本屋で、tadはタイ語学習の参考書と付属のCDを購入した。

 

まぁ〜、記事に書くほどのことでもない出来事だったよ。

 

バンコクで七夕?願い事を書いたよ

 

語学学校を出た後、BTSプロンポン駅直結の商業施設「Emporium (エンポリアム)」前で、なんかイベントしてた。

具体的に何のイベントかは分かりませんが、七夕みたいな感じで、(短冊ならぬ)両面金色の星形の紙が置かれており、マジックで願い事を書くっていうイベント。

 

陽はとっくに沈んでおり、煌々と光る外灯に、いい感じで、無数(めっちゃ大量)の金色の星形の紙に反射しているせいか…

なかなか雰囲気よかった。

タイ人嫁との幸せな時間

まさに、星に願い事をする

※写真は、ほんの一部を切り取っただけ。

 

お互いに、願い事を紙に書いた。

 

書いた内容は、ガチで覚えていないけど…

まぁ、結納から2日後だし…

 

『タイ人嫁ちゃんと末永く幸せな夫婦生活が続くように』

 

みたいなことを書いたと思う。

 

借金を隠してるくせに何をほざいてるんや!

って、感じですけどね。

 

嫁ちゃんは何を書いたか言わないけど、まぁ、『家族が幸せでありますように』的なことだろう。

 

はい。

薄い出来事だった。

 

とはいえ、こんな薄い出来事の方が、振り返ってみると幸せだったのかなぁ〜と思う今日この頃だ。

 

タイ人嫁ちゃんと側頭部が触れる合うぐらい顔を寄せて、ツーショットを撮ったりしてたからね。

 

こんなにも仲睦まじい夫婦関係だったのは、この時が最後ちゃうか?

 

はい。

というわけで、スワンナプーム空港まで送ってもらい、理想的な遠距離夫婦のバイバイをした。

 

まぁ…

ハグしつつ、キスみたいなやつね。

 

こんなバイバイをしたのは、おそらくこの時が最後だろう。

 

そんなこんなで、tadは深夜出発の便で帰国し、早朝に関西空港に到着した。

 

言わずもがな…

 

見せ金の結納金としてキャッシングした30万円を即返済した。

 

tad
tad

1,000円の利息を払ってね…

 

今回の訪タイでは、たしかに、タイ人嫁ちゃんとの幸せな時間を過ごしたはずだが…

 

心のどこかでストレスを感じているのもまた事実。

 

そう、借金はしっかり溜まっているのだ!

 

いよいよ、借金は大台の300万円に到達することになるが…

 

この時のtadは、次回(3月)の訪タイ時に、借金が10数万円も増えるなんてことを想像もしていなかったのだ。

 

✅2017年1月時点

借入残高・・・280万円
積立預金・・・12万円

※ゴールデンウィークに予定した沖縄旅行の航空券購入により借入残高が10万円アップ!

 

第21話は、こちら

 

コメント

  1. […] 第20話は、こちら! […]

  2. […] ※第20話、【膨張編その10】は、こちら。 […]