タイ人嫁の来日決定もタイ文化の高額な結納金に仰天!人生転落物語【膨張編1】#11

スポンサーリンク
借金物語 借金物語

本記事は、第11話、【膨張編その1】。

※第10話、【綻び編その9】は、こちら

 

今回より、【膨張編】として物語は進んでいく。

要は、借入残高の増額ペースが加速したってこと。

 

では、続きを書こう。

 

前回、tadはタイ人嫁ちゃんの怒りによって、ドンムアン空港まで送ってもらえず、アソーク駅にて強制途中下車されたが…

 

日本に帰国後、スマホをチェックしたところ、嫁ちゃんからのLINEメッセージ…

タイ人嫁
タイ人嫁

(LINEメッセージ)

日本に着きましたか?

 

と、あったので…

tad
tad

あっ、婚姻は有効なんだなぁ。

と、認識したtadだった。

 

そして、これまでどおり、毎日のように嫁ちゃんとLINE通話した。

あるとき、タイ人嫁ちゃんが通話の中で…

 

タイ人嫁
タイ人嫁

tadのお父さんとお母さんに結婚のことを話したの?

と、質問された。

 

tad
tad

いや、まだやな。

タイ人嫁
タイ人嫁

早く言ったほうがいいんじゃない?

 

tad
tad

そうやな。

 

そう、tadは自分の両親に結婚することを言っていなかったのだ。

 

スポンサーリンク

タイ人嫁がtadの家族と会う!(来日前)

 

tad両親にタイ人女性との結婚を報告

 

tad
tad

とりあえず、親には早く言わないとあかんな…

てなわけで、母親にLINEで…

tad
tad

(LINEメッセージ)

タイ人女性と結婚するわ〜

 

と、メッセージを送信。

 

即、レスポンスあり。

 

(LINEメッセージ)

はぁ!?
あんた、ちょっとそれどういうこと?

 

電話もかかってくるけど、母は間違いなく冷静でないため、今電話に出るのは得策ではないと判断して…

電話をスルー

着信が鳴り止んだ後、

tad
tad

(LINEメッセージ)

ちょっと待って。

あとで、電話をする

と、送り…

 

1時間後、tadより電話をかけ、結婚について話す。

結婚に至る経緯を色々と聞かれたけど…

ほとんど大ウソをついた。

 

✅出会いについて…
タイ旅行中にたまたま隣に日本語を話せるタイ人女性がいて、質問したことがキッカケとウソを言った。
➤真実は、カラオケクラブで出会う。

 

 

✅恋愛期間について…
だいだい2年間の恋愛期間を経て結婚を決めたとウソを言う。
➤真実は、約3ヶ月で結婚に至った。

 

まぁ、そんなウソは、どうでもいい。

 

結婚までのプロセスなど親には関係ないことなんだから、角が立たないように、テキトーなことを言った。

 

そんな感じで、親はtadの結婚への意思を尊重してくれて、反対することは特になかった。

 

ということで、嫁ちゃん来日の際、一緒に食事をすることになった。

※いまだに(2020年2月時点)別居婚状態が続くことに対して、たまに、「どうなってんの?あんた達!」みたいなことは言ってくるけど…

そりゃ、そーだわな。

 

来日前の電話で結納金について聞かされる?

 

タイ人嫁ちゃんに、親に報告したことを電話で伝えると、

 

タイ人嫁
タイ人嫁

大丈夫だった?

tad
tad

大丈夫やったよ。マイペンライ。

タイ人嫁
タイ人嫁

そうか…

 

と、一安心していた。

 

そして、話題は一気に切り替わる!

 

タイ人嫁
タイ人嫁

結納は、いつにする?

 

tad
tad

結納?

あ〜、難しい言葉を知ってるね。
どうしようか?

 

 

時期的には、来年の1月ごろにしようかって話になったけど、ここからがtadには衝撃だった。

 

 

タイ人嫁
タイ人嫁

結納金だけど…

200万バーツでいい?

 

 

と、嫁ちゃんが切り出す。

tad
tad

え、200万円(それでも高い!)ではなくて、200万バーツ!?

タイ人嫁
タイ人嫁

そうよ。
私の家は高いよ。

 

tad
tad

(心の声)

な、なんと…
結納金などという制度があったのか。
しかもその額200万バーツ(約680万円)だと!?

 

tad
tad

い、いいけど…
すぐに、そんな大金なんて払えないよ。

タイ人嫁
タイ人嫁

あなた、貯金600万円ぐらいあるって言ってたでしょう!
なんでないの!?

 

tad
tad

え!?

 

 

tad
tad

(心の声)

たしか、初デートのとき、見栄を張って貯金はけっこうあるで〜みたいな話はしたけど、まさか実際に結納金として払えというのか?

そんな金、払えないぞ!

というか、貯金はおろか、借金しかないけど…

 

 

そう、tadは狂っていた。

タイ人女性と結婚したい。
そんな思いによって、テキトーなことを言っていたのだった。

やば過ぎるtadは、払える算段が全くないにもかかわらず、結納金200万バーツを払うと明言したのだ。

 

tad
tad

今は、払えない。

けど、いつかきっとなんとかするよ!

 

 

この言葉に納得したのか、とりあえず、結納金200万バーツは翌年1月までに準備する必要はなくなった。

ほっ…

 

こうして、嫁ちゃん来日の際に、tadの家族と会うことが決まったこと、

 

そして…

 

結納が翌年1月ごろ行われると決定した。

 

 

着々と事は進んでいるのだ。

 

借金問題は一向に解決しないのに…

というか、解決どころか、膨張することになるのにね…

 

✅ちなみに結納金200万バーツについて…

「いつかなんとかするよ。」この発言で納得したのか…
tadを試しただけだったのか…真相は不明というか、嫁に確認していないが…今日に至るまで結納金200万バーツについての話は全く出ていない。もちろん、tadから嫁に結納金は、本当に払う必要があるの?なんてパンドラの箱を開けることはない。

もしかしたら、万一(でもない?)離婚した際に、積立預金(執筆時の2020年2月時点で740万円)から、結納金分を抜き取るのかもしれない。

いずれにしても、結納金200万バーツは今のところ請求はされていない。

 

とまぁ、こんな感じで、2016年11月某日…

タイ人嫁ちゃんが来日する。

 

✅2016年11月時点
借入残高・・・210万円

※借入残高10万円増の主な原因は嫁ちゃんの日本への往復航空券代金。
なぜか調子に乗って、嫁ちゃんの航空券を俺が予約するよ。と見栄を張った…
こういったtadのアホな行動によって、借金は膨張するのだ!

 

第12話は、こちら

 

コメント

  1. […] 第11話は、こちら! […]

  2. […] ※第11話、【膨張編その1】は、こちら。 […]