タイ人嫁家セカンドハウス追加工事と家具購入費の一部を支払う!

スポンサーリンク
借金物語 借金物語

 

本記事は、第197話【タイ人嫁来日直前編その5】。

 

tad
tad

サワッディーカップ!
借金を隠したまま、タイ人女性と勢いで国際結婚したアラフォーことtadです。

 

ここ最近の話題は、タイ人嫁ちゃん家のセカンドハウスのリノベーション工事です。

このセカンドハウスはこれまでも当ブログで書いてきたとおり、タイ人嫁ちゃん4姉妹の各夫婦(四女のみ独身)が居住するための家であります。

 

そんなわけで、ゆくゆくはtadも居住することになるため…

まぁ、色々と協力するわけですな。

 

もちろん、協力とは具体的に言うと…

 

金銭面についてですね〜

 

借金の存在をタイ人嫁ちゃんに秘密とするtadは借金返済を最低限の返済額にとどめて、

積立預金とは別に、セカンドハウスのリノベーション工事と、そして…

家具などの購入費用を負担するわけなんです。

 

ほんで、今回は…

 

家具購入費の一部を負担するよう、タイ人嫁ちゃんから依頼がきたんです!

 

スポンサーリンク

30万バーツ(約100万円)をタイ人嫁に送金(タイ人嫁来日?日前)

 

タイ人嫁に送金

セカンドハウスの家具購入費のために送金

 

タイ人嫁
タイ人嫁

(このソファー)買います。

 

そんなLINEがソファーの画像とともに送られてきた。

 

なんかよくわからんけど、テキトーに

いいね!

 

と、スタンプで返信したら…

 

タイ人嫁
タイ人嫁

ありがとう

 

と、タイ人嫁ちゃんから返信があったんですな。

 

tad脳
tad脳

あ、ありがとう?
これは、いったいどういう意味なのか?

 

一瞬、マジでわからなかったけど…

 

まぁ、

(ソファーのお金を払ってくれて)ありがとう。

 

ってことですよね。

別にええんやけど、何の前触れもなく突然に、ソファーの画像が送られてからの「ありがとう」というコンボには焦りますな。

 

tad
tad

なかなか、慣れません。

 

リノベーション工事代金の不足分および家具購入費の一部をtadが負担

 

ソファーの購入費用については説明したとおりですが、ほかにも何やら色々と追加費用が発生してるみたいです。

 

一応、リノベーション工事関係について情報共有するためのLINEグループに入れてもらってるけど…

タイ語でメッセージをやりとりしてるわけで、内容はサッパリわかりません。

 

何枚もの伝票の画像が貼り付けられてるから、追加でいろんな費用が発生しているんでしょうね。

 

まぁ、なにはともあれ…

30万バーツ(約100万円)を振込むっちゅうわけですね。

 

ってことで、積立預金は大幅に減ります…

とりあえず、円/バーツのチャートを日々チェックして、バーツ安のときを狙い送金します。

 

tad
tad

7月中に送金予定ですな!

 

セカンドハウスにかかるお金はこれが最後なのか?

 

予定では、このセカンドハウスにおけるリノベーション工事は8月(2ヶ月後)に完了するみたいなんで、

工事にかかる大きな支出は、今回が最後かな〜と思っています。

 

だが、しかし!!

 

LINEグループ内のトークで、家電については一切出ていません。

 

というわけで、8月になれば…

 

タイ人嫁
タイ人嫁

家電の購入費を一部負担してほしい!

 

そんなLINEが来るかもしれないです。

ってか、来る気しかしないけど…
まぁ、tadもタイに帰省したときや、40年後の定年以降には利用することになるんで、仕方ないか…

そんな感じで、自分を納得させていますね。

 

健全さん
健全さん

40年後…(笑)

 

tad
tad

・・・。

 

とりあえず、リノベーションの追加工事と家具購入費用として約100万円近くを7月中に送金しやす。

 

40年後、tadも居住予定だが…

 

タイに帰省した際、そしてtadが定年を迎える約40年後に住む予定である…

このセカンドハウス的な位置付けの4階建中古一軒家。

 

まぁ、4姉妹の家族が住むんで気合を入れてリノベーション工事をして、理想の家具を購入したい!

その思いを実現するために、当然tadもできる限りの金銭的な負担をせねばならんことは、仕方ないんですよね。

 

だが、しかし!

 

tadにはタイ人嫁ちゃんに秘密の500万円台後半の借金を抱えています!

 

セカンドハウスのために、金を払うのはええけど…

現実には借金から創り出される利息として、毎月13,000円が無慈悲にもむしりに取られています。

 

※自業自得!!自責の念!!

 

しかも、定年後って40年先の話やから、どーなってるかサッパリわかりませんよね。

ってか、タイ人嫁ちゃんとの夫婦生活が続いてるかどうか、マジでわからないし…

 

そんな不安定で曖昧な未来に居住予定の家に、今回約100万円を送ることになる。

そんな内容の記事でした〜

 

✅2021年6月30日時点

借入残高・・・583万円(うち友達からの借金165万円)
積立預金・・・456万円

※夏のボーナスで57万円を積立預金に回したので、一気に増額しましたね。
まぁ、近日中に当記事で書いたとおりボーナス以上の金額が吹っ飛びますが…
そんなわけで、相変わらず完済人というゴールが近づかないtadでした。

 

第198話は、こちら

タイ人嫁が契約したタイの生命保険会社が販売する積立型生命保険。

この保険料(年間約43万円)を向こう20年間で合計860万円、毎年tadの夏季ボーナスで払い続けることになったって記事です。

 

コメント

  1. […] 第197話は、こちら! […]