二次会の費用どうするの?披露宴後、タイ人嫁と大げんか!人生転落物語【狂乱編12】#47

スポンサーリンク
借金物語 借金物語

本記事は、第47話、【狂乱編その12】。

※第46話、【狂乱編その11】は、こちら

 

  • 朝からなかなか濃かった結婚式
  • 集中治療室的な部屋にて緊急入院中のお義母さんとの記念撮影
  • タイ人嫁の結婚を決めた要因を知れた披露宴

 

そんな1日も、いよいよ、アフターパーティー(二次会)を残すのみとなった。

 

アフターパーティーそのものは、最終的に、気持ちよくビールを飲みまくって、はしゃぎまくり、終わったんやけど…

 

序盤が最悪だった。

 

というのも…

 

アフターパーティー会場に行くまでの車内で事件が勃発し…

tadは、イライラしたまま、ゲストの前に登場してしまった。

マジで最悪だった。

 

というわけで…

 

披露宴会場のホテルからアフターパーティー会場に移動するってところから書いていく。

 

スポンサーリンク

「二次会の費用、持ってるの?」まさに、青天の霹靂の一言だった。

 

披露宴で着ていたレンタル衣装を着替え、アフターパーティー会場に行く準備が整った。

 

というか…

 

ゲストたちはすでに会場入りし、飲み食いしている状況だったので、tad夫婦はかなり急ぐ必要があったのだ。

 

そんな状況だが、tad両親を宿泊先のホテルまで送る必要があった。

 

2日前にキャッシングした、1万バーツの散財が悔やまれる

 

tad両親はアソーク駅近くのホテルに宿泊していたが、

結婚披露宴会場のホテルから、車でぶっ飛ばしても15分程度の時間がかかる。

 

おそらく、嫁ちゃんの本音としては…

 

タイ人嫁
タイ人嫁

タクシーで帰ってくれよ。

※実際にどう思っていたかは不明…

 

そんな思いを露骨に感じさせるような、クソ荒い運転だった。

 

正直、助手席に座っていたtadにはそんなふうに見えた。

 

まぁ、そんなこんなで…

BMWをかっ飛ばして、アソークまで行き、tad両親を降ろし、Uターン!

アフターパーティーの会場へ向かった!

 

つい、1時間前まで披露宴でバタバタしており、ようやく2人きりなれた。

ちょっとホッコリするのかな。

 

そんなぐらいに思ってたところ…

 

嫁ちゃんが衝撃の一言を発した。

 

タイ人嫁
タイ人嫁

アフターパーティーのお金持ってるの?

 

tad
tad

え?
嫁ちゃんに前もって払ったお金に含まれてるんじゃないの?

 

タイ人嫁
タイ人嫁

(含まれて)ないよ!

 

tad
tad

は!?
いや、アフターパーティーのお金を用意しといてなんて一言も言ってないやん!

 

タイ人嫁
タイ人嫁

どーするの!?

 

tad
tad

いや…
どーするって…
お金持ってないから、アフターパーティーに来てくれた友達からお金もらうしかないやん。

 

※友達には、祝儀等、結婚披露宴関連にかかる一切のお金は要らないと事前に言っていた。
そのため、タイまでの旅費や宿泊費は自費負担でお願いしたわけ。
にもかかわらず、アフターパーティー代のお金を友達に請求するなんて、そんなバカな話ないやろ…
って、tadは思ったわけね。

 

 

このとき、海外キャッシング枠は残ってるといっても微々たる程度だ。

なんせ、2日前に10,000バーツをキャッシングしたからね…

 

アフターパーティーに来てくれたゲストは、40人ぐらい。

 

費用としては40,000バーツ(約13万円)程度、必要なはず。

 

手持ち金と2日前のキャッシング10,000バーツがあれば、アフターパーティー代半分程度の費用を払えたが…

 

10,000バーツは、ソイカウボーイでの大盤振る舞いで、きれいに使い切っていた。

 

tad
tad

(心の声)

大ピンチやんけ…

 

披露宴終了後、さっそく焦りまくっていたtadであった。

 

正直、このとき…

 

tad
tad

(心の声)

結婚披露宴が終わったばかりやのに、いきなり金欠なことで悩まないとあかんのか…

 

そんな気持ちになり、めっちゃ辛かった。

 

結局、借金隠して金欠なことが諸悪の根源なのだ

 

アフターパーティーの会場へ着くと、主役であるtad夫婦の登場に、みんな大喝采で迎えてくれた…

 

だが、しかし…

 

tadは、超ローテンション!

 

なんせ、ゲストみんなからアフターパーティー代を徴収しなければならないからね。

 

tad
tad

(心の声)

1,000バーツずつ集めたらなんとかなるかな。

 

そんな心境で、ゲストのみんなに感謝の気持ちを伝えられなかった。

 

マジで、最悪だった。

 

tadの友達には、「1人あたり1,000バーツを払ってもらうことになる」と、

怒りと申し訳なさが入り混じった形でお伝えすることになった。

 

ほんで、結論から言うと…

 

よく分からんけど、タイ人嫁ちゃんが全額払ってくれたみたい。

 

結局、ただの脅し文句だったんよね。

 

ほんまにクソ迷惑な脅し文句だった。

 

だって、アフターパーティー(二次会)の登場で、新郎がキレてるって…

 

やばくない?

 

tad
tad

結婚披露宴当日、嫁に対して、怒りの念がこみ上げるって、むちゃくちゃやな。

 

でもね…

よくよく考えれば…

 

諸悪の根源は、tadが金を持っていないことにあると思う。

 

というか、借金を隠しているせいで、返済に追われまくり、常に自転車操業であることが原因なんよね。

 

たしかに、アフターパーティー代を用意してるなら、tadをビビらずようなことを言うなよって、タイ人嫁ちゃんに思ったけど…

 

そもそも…

 

4万バーツ(約13万円)をサクッと払えないような、甲斐性なしというのがあかんのよね。

 

そう…

 

tad
tad

結局は、借金をサッサと完済せねばならんのよな。

 

そんなことを思った結婚式二次会だった。

 

結婚披露宴での愛を誓い合った余韻に浸るなど無く…

 

  • 2日前にキャッシングで散財したこと
  • 借金をしていること

 

これらのことで、心をすり減らした結婚式二次会だった。

 

借金を隠せば、マジで幸せになられへんな。

 

そんなことを痛感した。

 

健全さん
健全さん

結婚式当日に何してんねん。

 

tad
tad

・・・

 

✅2018年2月時点

借入残高・・・420万円(うち友達からの借金150万円)
積立預金・・・78万円

※借入残高、積立預金ともに増減なし。

 

 

第48話は、こちら

 

コメント

  1. […] 第47話は、こちら! […]

  2. […] ※第47話、【狂乱編その12】は、こちら。 […]