タイ人嫁との結婚式!幸せの絶頂のはずが頭の中は借金!人生転落物語【狂乱編8】#43

スポンサーリンク
借金物語 借金物語

本記事は、第43話、【狂乱編その8】。

※第42話、【狂乱編その7】は、こちら

 

タイ人嫁ちゃんとの結婚披露宴の前日、お義母さんの緊急入院…

元々、病弱だったこともあり入退院を繰り返していたが、まさかの今回のタイミングだった。

 

タイ人嫁ちゃんのご家族は、一日中病院でお義母さんに付きっきりだった。

特に、嫁ちゃんは結婚披露宴直前の準備もあったり、ほぼ不眠。

コンディションは、かなり悪かった。

 

そんななかで、結婚披露宴の当日を迎えた。

 

では、書いていこう。

 

スポンサーリンク

借金という十字架で幸せどころかストレスを感じた結婚の誓い(嫁と会った回数14回目)

 

起床後、身支度を整えたtadは、タイ人嫁ちゃん一家と結婚披露宴会場のホテルに向かった。

※ちなみに、tad両親の会場入りの方法だが、次女の旦那が迎えに行ってくれたおかげで無事到着!
ありがとう。

 

結婚披露宴のスケジュールは以下のとおりだ。

 

  • 結婚式前のセレモニー 8時30分~8時45分
  • タイ式結婚式 9時〜10時
  • 中国式結婚式 10時30分〜11時30分
  • 披露宴    19時〜21時
  • アフターパーティー 22時〜

 

だいたいこんな流れだった。

 

タイ式結婚式前のお決まりのセレモニー

 

tadは、タイ式結婚式が結婚披露宴の始まりだと思っていたが…

 

先述したスケジュールに書いたとおり、

 

なんか、タイの結婚式前に、お決まりのセレモニーみたいなんがあった。

 

まぁ、簡単に言うと…

 

タイ人嫁ちゃんが、tadの登場をホテルの一室で待っているんやけど…

その部屋には嫁ちゃんの友達も10人ぐらい居る。

 

ほんで、友達が…

 

美人さん
嫁の友達

嫁ちゃんを渡さないぞ〜

 

と、tadの行く手を阻むんよね。

そんな妨害を押しのけて、嫁ちゃんの元までたどり着き、プロポーズするみたいなお決まりの流れがだった。

 

その妨害を押しのける際、嫁ちゃんの親族が、妨害する友達にお金を渡して(買収して)、妨害を解いてもらう。

 

まぁ、わけわからんよね。

tadもいまだによく解ってない。

日本では、見たことも聞いたこともないセレモニーやし…

 

というか、そもそも、こんなセレモニーが存在すること自体、全く知らなかったから、そのときはとにかく流れに身を任せた。

 

tad
tad

今思うと、めちゃくちゃやね。

 

なんやかんやで、タイ人嫁ちゃんのもとにたどり着き、tadがプロポーズしないとあかんってことやったので…

 

みなさんに分かるように英語で言わねば…

そんなことで…

 

tad
tad

Could you get married with me?

 

と、わけわからん英語を発したわけ。

※正しくは『Will you marry me?』とのこと。
てか、タイ語で準備しとけよって話やけど…

 

さすがにタイ人嫁ちゃんは…

 

タイ人嫁
タイ人嫁

OK!

 

と、(当たり前やけど…)二つ返事で快諾。

 

感動的なセレモニーの最中、tadは借金によるストレスで苦しむ

 

無事、ゲストのみなさんの面前で、結婚の誓約を交わしたわけね。

 

そして、tadと嫁ちゃんは、キングサイズのベッドに横になる。

 

なぜ?

 

なんか、結婚式の司会役みたいなおっさん(日本の結婚式でいうと神父みたいなポジションの人)が、色々とtad夫婦に質問を投げかけるんですな。

 

もちろん、タイ語で。

 

終始、tadの頭にはクエッションマークが浮かび続けたけど…

嫁ちゃんが要所要所で通訳してくれて、なんとなく流れは分かった。

 

健全さん
司会役

目をつむって、何が見える?

 

そんな質問に対して…

 

嫁ちゃんはタイ語で何か言ってたが、何を言ってるか分からん…

 

tadは、この何を言っているか分からん質問の趣旨を雰囲気から、

 

『自分たちの夫婦生活における幸せな将来像について』

 

そんな感じの質問と思い…

 

tad
tad

嫁ちゃんと子ども2人で、仲良く暮らす姿が見える。

 

みたいなことを、とっさに答えたはず。

 

そんな感じで、司会役のおっさんと嫁ちゃんとのやりとりが2分間ぐらいあった。

 

ほんで、起き上がり…

 

司会役が、タイ人嫁ちゃんとお義父さんを向かい合わせて…

 

タイ語で何か言っている。

 

嫁ちゃんとお義父さんは司会役の言葉を聞き入り…

 

嫁ちゃんもお義父さんも涙ぐむ。

 

嫁ちゃん側のゲストたちも涙ぐむ。

 

そして、嫁ちゃんがお義父さんに何か言い、さらに感動は広がりをみせた。

 

tadおよびtad側のゲストたちは、ただただ、頭の中にクエッションマークがあった。

 

この辺が、言葉の分からん国際結婚の難しいところやなぁ〜とか思いながら…

 

まぁ、内容は全く分からんけど、見た感じの雰囲気で感動は伝わった。

それだけで十分かな。

 

 

しかし…

 

そんな感動的な雰囲気をtadは強烈に感じれば感じるほど…

 

借金のことを思い出すんやけどね。

 

おそらく、

 

タイ人嫁
タイ人嫁

これからは、tadさんと仲睦まじい幸せな夫婦生活を築いていきます。

みたいなことを嫁ちゃんは言ったはずだ…

 

そんな中、肝心のtadは…

 

tad
tad

(心の声)

借金あるから嫁ちゃんを幸せになんて、できひんがな。

 

tadの頭の中は…

このセレモニーを通じて、嫁ちゃんとの結婚によって、

 

  • 夫婦になる幸せ
  • 将来への希望

 

 

などなどポジティブな感激に浸るどころか…

 

  • 借金を隠している罪悪感
  • 借金が嫁バレしたときの(法的および倫理的な)責任
  • 完済人に早くならんヤバイという危機感

 

そんなネガティブな感情が占拠していた。

 

朝9時の段階で、tadは、すでに借金というネガティブなパワーに打ちのめされていた。

 

しかし、この後、感動的な場面は何度も何度もあるため、その都度、借金という十字架を感じ、心をすり減らすtadであった。

 

 

結婚披露宴によって生まれる感動というポジティブなパワーは…

 

tadにとっては、借金というネガティブなパワーを痛感させる要因となったんよね。

 

まぁ…

 

全てはtad自身が撒いた種ゆえに、完全に自業自得やけど、しんどい。

 

tad
tad

借金を隠して結婚したら、こんな苦しみを背負うことになるんよね〜

 

さて、次回は、タイ式結婚式について書いていく。

 

✅2018年2月時点

借入残高・・・420万円(うち友達からの借金150万円)
積立預金・・・78万円

※増減なし

 

 

第44話は、こちら

 

コメント

  1. […] 第43話は、こちら! […]

  2. […] ※第43話、【狂乱編その8】は、こちら。 […]