結婚式前々夜!バンコクの夜で羽目を外し、最後の大散財!人生転落物語【狂乱編6】#41

スポンサーリンク
借金物語 借金物語

本記事は、第41話、【狂乱編その6】。

※第40話、【狂乱編その5】は、こちら

 

スポンサーリンク

結婚式前々夜祭で、やっちまった圧倒的散財(嫁と会った回数14回目)

 

前回の話と時系列的に前後するが、tadの今回の訪タイは、いつものごとく深夜便。

 

しかし、いつもとは違いがあった…

 

そう、久しぶりに友達と一緒のフライトなんで、テンション上がったわけ。

 

ちなみに…

結婚式に出席してくれた友人は18人。

※前職の同期と今の職場の同期という2グループで構成。

 

祝儀は不要ということで、友達には航空券代や宿泊費については実費負担とさせてもらった。

 

出席してくれた友人には、この場を借りてお礼を申し上げたい。

コープンカップ!

 

tad
tad

まぁ、18人のうち15人は、tadよりも先にタイに入国してたけどね…

同じフライトだったのは、18人中たったの1人だった。

 

とはいえ、1人で訪タイするよりも全然楽しかったせいか…

 

フライト前に、ビールを無駄に飲んでしまった。

 

なんか、微妙な無駄遣いをするtadであった。

 

そんなこんなでタイに入国!

 

ドンムアン空港には、早朝4時にもかかわらず、タイ人嫁ちゃん、三女ちゃん、そして叔母さんとその息子の4人が車で迎えに来てくれたのだ。

 

ここで、余談だが…

tadと一緒にタイ入りした友達は、まぁ〜超イケメンで、三女ちゃんがめちゃくちゃ友達を気に入ってたのが、ホッコリした。

なんか、フェイスブックの友達になってたし…

 

うん。余談だ!

 

さて、本編にいこう。

 

バンコクの夜、友達と合流!

 

イケメンの友達をアソーク駅直結ホテルである「スクンビットスイートホテル」前で降ろし、tadは、タイ人嫁ちゃん宅に到着。

そして、爆睡。

前回、少し書いたが、夕方にtad両親をスワンナプーム空港まで迎えに行き、アソークのターミナル21近くのホテルまで車で送る。

 

タイ人嫁ちゃんは、この後どっか行った。

何やら、結婚前祝いを友達が開いてくれるとのことだった。

※ほんまかどうか知らんけど…

 

 

tadは、両親とターミナル21で晩ごはんを食べて、カフェでコーヒーを飲み、解散!

一応、翌日の予定は、タイ人嫁ちゃん一家と水上マーケットに行くことになっていた。

※この計画が大いに乱れる大惨事が明日発生するんだが、それは次回で。

 

さて、時刻は夜9時ごろ。

 

友達にLINEを送る。

 

tad
tad

どこにいる?

25歳会社員
友達

ソイカウボーイやで!

tad
tad

オーケー!
行くわ〜

 

結婚式を2日後に控えたtadは、バンコクの夜の街に繰り出したのだ。

 

独身時代、最もハイになれる場所だったんで…

 

まぁ〜楽しいよね。

 

しかも、今回は仲のいい友達が揃ってるから、楽しくてしょうがなかった。

 

さて、どんな感じになったのか?

 

みんな泥酔したので、tadがまとめて支払い!原資は、もちろん…

 

友達たちは、すでにできあがっていた。

 

tadが合流したのは、前職の同期グループの方。

こちらのグループの方が、パワフルで酒飲みな奴ばかりである。

 

ちなみに、5人の友達はバカラというゴーゴーで飲んでいて、1階に2人、3階に3人いた。

 

まぁ〜、3階の方がリラックスできるんで、tadは、颯爽と3階まで駆け上がった。

 

tad
tad

懐かしい…

もう二度と訪れることはないだろうと思っていた場所だ。

なんかノスタルジックな気持ちになったよ。

 

まぁ〜友達たちは飲みまくってた!

 

tad
tad

さすがにtadは、結婚式を2日後に控えてる身なので、乱れることなく終始穏やかに飲んだけどね。

 

さて…

ママさんが、tadたち(ゴーゴー嬢も4人いるが…)が居座ってるソファー席にやって来て…

 

親
ゴーゴーママ

金額がそれなりの額だけど大丈夫?

みたいな感じで、1番まともに見えたであろうtadにレシートを見せてきた。

※みんな泥酔してたんで…

 

金額は…

10,000バーツを軽く超えていた。

 

tad
tad

みんな、金あるのかな?
楽しそうに飲んでるけど…
ちなみに、俺は2,000バーツぐらいしか持ってないぞ。

 

ほんで、よくよく聞いたところ、みんな、バーツを少額しか持っていなかった!

そう、バーツに両替していなかったのだ。

 

 

tad
tad

いや、何してんねん!

これはラチがあかん。

 

 

ここで、tadが、みんなから1万円程度を徴収して、両替所に行けば良かったのに…

 

借金野郎tadの悪い部分である、見栄を張って大盤振る舞いしたのだった。

 

つまり、tadのみ、バカラから一旦、退店して…

 

海外でキャッシングするという荒技を使ったのだ。

 

キャッシング額は、10,000バーツ…

 

tad
tad

今思うと、何してんねんって感じやけど…

 

10,000バーツを握りしめて、再度バカラに入店し、10,000数千バーツをtadが払ったのだ。

 

もう、タイ人嫁ちゃんを悲しませるようなことはしない!

 

先日の嫁ちゃんの涙混じりの電話により、誓ったのに…

 

速攻で10,000バーツをキャッシングしとるがな。

 

というわけで…

 

約35,000円ぐらいの借金を一瞬にして増やしたのだ。

 

タイ人嫁ちゃんの涙によっても、変わることなく借金を増やすtadであった。

 

見栄っ張りな性格は、そう簡単には直らんな…

 

そら、この約2年後(当記事の執筆時点)、借金をさらに200万円以上も増やすことになるわけやな。

 

そんな感じで、バカラを後にした。

 

tad
tad

まぁ、友達はめちゃくちゃ楽しんでいたので、その点は良かったかな。

 

そんな言い訳をしつつ、この後、なぜかテーメーカフェに移動し、再びシンハービールで乾杯したわけね。

そっからは、ショートで持ち帰りする友達、そのまま飲み続ける友達など…

バラバラとなり、深夜0時ごろ、tadは嫁ちゃんの実家に帰ったとさ。

 

もちろん、tadは飲み続ける友達と一緒だったけどね!

 

そんな結婚式2日前の夜だった。

 

✅2018年2月時点

借入残高・・・420万円(うち友達からの借金150万円)
積立預金・・・78万円

※10,000バーツ(約3.5万円)のキャッシングの他にも、ちょこちょこ、カード払いが、かさんだので、借入残高は10万円増額した。
本当、結婚式2日前なのに、バンコクで夜な夜なキャッシングするって…
改めて、ヤバすぎるな。

 

 

第42話は、こちら

 

コメント

  1. […] 第41話は、こちら! […]

  2. […] ※第41話、【狂乱編その6】は、こちら。 […]