東京旅行で圧倒的な散財!借金野郎は旅行するな。人生転落物語【膨張編25】#35

スポンサーリンク
借金物語 借金物語

本記事は、第35話、【膨張編その25】。

※第34話、【膨張編その24】は、こちら

 

無事?京都での前撮りを終えたtadは、京都観光中の三女ちゃんカップルたちと合流。

その後、金閣寺に行ったが、寒すぎてすぐに観光終了。

 

ほんで、京都から一気に難波まで移動し、tadの友達と合流し、一緒に飲み食いした。

三女ちゃんの彼氏が、プレミアリーグのアーセナルファンということもあり、意外にもサッカー談義で盛り上がった。

 

もちろん、tadサイドの飲み代は、tadの奢り!

見事なスマート会計だが、順調にキャッシングしたお金は減っていく。

 

つまり、借金は膨張の一途というわけだ。

 

さて…

 

その翌日、東京に移動するために、tad一行は新大阪駅に向かった。

 

その辺りから書いていこう。

 

スポンサーリンク

タイ人嫁、三女カップルと共に東京へ行く(嫁と会った回数12回目)

 

旅行って散財するだけやん…

 

この日は、平日ということもあり、自由席で大丈夫やろうな…

ということで、万が一の座れないリスクを背負いつつ、1,000円節約のために自由席の切符を購入した。

※こういう少額の節約は、無駄に悩むtadであった…
前撮りの綿帽子レンタル代1万円は悩むことなく即決でレンタルしたにもかかわらず。

 

結果は、平日の正午ぐらいに乗ったため、ガラガラだった。

ナイス!

 

とはいえ、新大阪〜東京の新幹線代って、13,000円ぐらいするわけよね。

 

これを4人分、tadがスマート会計すれば…

さすがに手持ち金が一瞬にして消えてしまう。

 

ってなわけで、新幹線代は各々で購入してもらった。

 

tadの場合、帰りの新幹線代もかかるしね…

 

さすがに、新幹線代は見栄を張って気前の良いtadを見せるテンションにならなかった。

 

 

tad
tad

今思うと、ナイス判断だが、そもそも新幹線で東京往復するだけで26,000円をぐらいかかるんよな〜

 

しかも、非日常的な新幹線に乗ると…

なぜか…

 

スーパードライが飲みたくなる。

1本飲むと、そら2本目いっちゃうよね。

無駄にお菓子とかセットで買っちゃうという…

 

そんなんで、結局、往復で30,000円ぐらい金かかるやんけ!

 

 

ってなるわけ。

 

本当、tadのような借金野郎(というか、大多数の人)は、非日常的な旅行となると、普段は絶対にしないような散財を平気でやっちゃうのよね。

 

そんなことを改めて思った。

 

tad
tad

旅行って、ただの散財やん。

 

とまぁ、そんなことを思いながらも東京に到着したわけね。

 

東京の滞在期間は3泊4日と比較的短めだったけど、金を使ったね〜

全然、何したか覚えてないけど!

 

ディズニーシーに行ったことぐらいしか記憶にない…

※ディズニーシー入場料も新幹線代と同様に各々で払った。

 

本当、薄い記憶やったな。

ゆえに特にトラブル無かったんやろな。

 

前回、三女ちゃんと四女ちゃんと一緒に東京旅行した際は…

 

タイ人嫁ちゃんは、80万円ぐらいするパネライ(PANERAI)の腕時計をキャッシュ一括で購入してたけど…

 

今回はそんなめちゃくちゃな買い物をするなどなく、粛々と東京をぶらぶらした。

 

苦肉の策!消費者金融に増額申込み

 

東京に乗り込む直前に、消費者金融P社で10万円キャッシングしたけど…

 

最終日にもなると、ほとんどお金が尽きかけていた。

 

一応、ホテルチェックアウトの際、三女ちゃん彼氏からホテル代ということで20,000円返金してもらったけど…

 

タイ人嫁ちゃんから、

タイ人嫁
タイ人嫁

成田空港でショッピングするから、お金出して!

 

というわけで、10,000円を渡した。

 

tad
tad

(心の声)

なんか、カツアゲみたいなやな…

 

そして、東京駅で解散!

 

嫁ちゃん達は、シャトルバスで成田空港に向かった。

tadは新幹線で大阪に帰る。

 

そんなこんなで、ほぼ手持ち金が尽きかけていた。

 

でね!

 

帰宅した途端…

急に、現実に引き戻されることになった。

 

そう…

 

クレジットカードのリボ払い返済の期限が迫っていたのだ。

 

しかし、返済の原資となる給料は、結婚式前撮りの支払いで、きれいに使い切っていた。

 

tad
tad

金ないから、返済できひんやん…

 

そんなわけで、もはや軽いノリでサクッと、P社のローンカードをATMに挿入して、借入可能残高10万円を全てキャッシング!

 

この数日間で、借入残高を30万円ほど増やしたのだ。

 

健全さん
健全さん

ヤバすぎだろ…

 

しかし、これが借金野郎tadの現実だった。

 

平凡な手取り収入20万円程度のサラリーマンが、こんな感じで借金しまくったら、そりゃあ借金地獄に陥り、利息払いのみする自転車操業状態になるわな。

 

当時を思い出しながら、記事を書いてるけど…

 

本当、アホなことしてるわ。

 

率直にそう思う。

 

しかし!

 

tadは、とどまることなく、飲み会での散財などを繰り返して…

 

借金はさらに膨張することになる。

 

毎月のリボ払い返済額は増額するけど、飲み代などの遊び金は減らない!

 

というわけで…

 

今度は、消費者金融A社のサイトを開くtad!

 

すでに…

 

  • クレジットカード4社→210万円
  • 消費者金融1社→30万円
  • 友達からの借金→150万円

 

上記のとおり、友達と合計5社から借金していたが…

 

6社目となる消費者金融A社とローン契約することで…

 

さらに借金地獄という沼に、はまり込むことになるのだった。

 

続く。

 

✅2017年11月時点

借入残高・・・390万円
積立預金・・・78万円

※先述のとおり、結婚式前撮りと東京旅行で手持ち金が枯渇したが、借金を返済(リボ払い)しなければならないために、追加で消費者金融P社から10万円を借入した。というわけで、借入残高アップしたわけね。もう、めちゃくちゃやな…

 

 

第36話は、こちら

 

 

コメント

  1. […] 第35話は、こちら! […]

  2. […] ※第35話、【膨張編その25】は、こちら。 […]