タイ人嫁の塩対応!その原因は、日本人客からの告白。人生転落物語【膨張編12】#22

スポンサーリンク
借金物語 借金物語

本記事は、第22話、【膨張編その12】。

※第21話、【膨張編その11】は、こちら

 

今回は、4泊5日の日程で訪タイについての話だ。

メインの予定は、タイ人嫁の妹である三女さんの卒業式だけど…

 

正直、内容が薄いというか…

 

これといって印象に残っていない訪タイだった。

※当時の写真を見返して、ようやく思い出すレベル

 

この頃は、嫁の実家に行くことのも慣れていたので、緊張感もなかったし…

とにかく印象の薄い訪タイだった!

 

スポンサーリンク

タイ人嫁の妹の大学卒業式に行く(嫁と会った回数7回目)

 

関西空港を深夜に出発し、タイ時間の早朝4時頃にドンムアン空港に到着した。

 

朝早すぎるので、誰も迎えに来てはくれず、1人、タクシーに乗り込み、タイ人嫁ちゃんの実家に到着。

 

着くや否や、嫁ちゃんが…

 

タイ人嫁
タイ人嫁

バッグ見せて!!

 

と、2ヶ月ぶりのtadとの感動の再会などあるわけでもなく、先日、罪滅ぼしのために購入した約13万円のバッグに夢中だった。

 

そんなこんなで、昼まで寝た。

 

この晩は、嫁ちゃんは、ふつうにカラオケクラブに出勤した!

 

tad
tad

別にええけど…

というわけで、三女ちゃん、三女ちゃんの彼氏とナイトマーケットに行き、晩ごはんを食べた。

 

帰宅後、嫁ちゃんが仕事から帰ってくる前に就寝。

※嫁ちゃんの帰宅時間はだいたいAM1時ぐらい

 

嫁ちゃんとの熱い夜を過ごしたい!

みたいな欲は特に無かった。

 

三女ちゃんの大学卒業式

 

タイの大学卒業式は、家族にとっての一大事みたいで、両親だけでなく、親族一同で卒業式に出席することになる。

嫁ちゃん一家、約25人ぐらいで卒業式に行ったよ。

しかも、カメラマンを雇って、パシャパシャ写真を撮ってもらったって感じかな。

 

はい。

 

特にトラブルなし!

 

ウエディングドレスの試着

 

翌朝、嫁ちゃんに叩き起こされて、嫁ちゃんと2人で車に乗り、出発進行。

 

tad
tad

(心の声)

どこへ行くんだろう?

 

ブーン

 

tad
tad

(心の声)

あっ、ここは…

ウエディングドレスのレンタルショップやんけ!
そうか、結婚に向けて着々と準備してるんだな…

当たり前やけど…

 

 

どうやら、ウエディングドレスを3種類レンタルするみたい。

というのも、結婚式は大きく3つのスタイルで行うのだ。

 

  • タイ式の結婚式
  • 中国式の結婚式
  • 披露宴

 

こんな感じだ。

 

上記の3つのスタイルそれぞれ、3〜5パターンのドレスを試着する。

 

ふつうのウエディングドレスは、日本でもお馴染みな感じなんで、珍しさとか全く無く…

ただただ「似合ってるね~」とか、「キレイやね~」みたいなリアクションをするのが大変だったけど…

 

タイ式の結婚式用のドレスは、民族衣装的なやつで、まぁまぁ、興味はそそられた。

 

もちろん、100枚ぐらいの写真を撮ったということは言うまでもない。

というわけで、tadのiPhoneアルバムは、嫁のウエディングドレスだらけとなったよ。

 

tad
tad

正直、疲れた…

ちなみに、tadは、日本でもお馴染みなふつうのタキシードを2パターンほど、レンタルするかたちになった。

 

タイ人嫁ちゃん家のお墓参り

 

嫁ちゃん一家とバンコクの実家から車で約2時間弱かけて、お墓参りに行った。

お墓の雰囲気は日本と同じような感じ。

こんなイメージね。

タイの墓地

タイの墓地イメージ

 

タイ人嫁ちゃん家は、中華系なので、墓石に漢字が彫られていた。

掘られていた漢字は赤字だったが、色あせていたので、赤ペンキのような塗料を用意し、筆で塗り直す作業をしたけど…

tadは、ボーッとその光景を眺めていた。

 

そんな感じでお墓参りは終わった。

 

帰国の際、タイ人嫁ちゃんの塩対応について

 

面白いネタがマジで無く、あっという間に最終日となったけど、唯一印象に残っている出来事を書くね。

印象的な出来事とは、タイ人嫁ちゃんが本音(?)を吐露したってこと!

 

嫁ちゃんと2人きりで、ドンムアン空港まで送ってもらったのだが…

 

前回の結納時の訪タイと比べて、かなり塩対応だった。

 

ドンムアン空港までの道中で、tadの甲斐性なしに不満が溜まっていたのか、妙なことを言い出す。

 

タイ人嫁
タイ人嫁

お客さんに結婚してほしいって言われてるのよね。

tad
tad

へぇ〜(内心ドキドキのtad)

 

どうやら、嫁ちゃん指名で頻繁にカラオケクラブ通う、日本人客から結婚を前提にお付き合いしたいと告白されたそう。

大手企業に勤めるバンコク駐在員なので、tadの2倍〜3倍ぐらいの収入があるんだろう。

ほんで、嫁ちゃんはその告白に対して、曖昧に対応したみたいだけど…

 

タイ人嫁
タイ人嫁

間違いかったね〜(間違いだったねの発音誤り)

と、ぼやく。

 

tad
tad

(心の声)

いや、今さら間違いって言われても知らんやん。

と、思いながら、微妙な感じでドンムアン空港に降り立ち、帰国の途に就いた。

※結局、その後どうなった分からないが、tadと夫婦生活が続いてるので、お客さんは諦めたと推測される。
知らんけど…

 

この時、借金のことをカミングアウトしていたら、婚約破棄というか離婚となり…

tadの人生も嫁ちゃんの人生も大きく変わったんだろう。

 

しかし!

 

tadは借金を隠し続けた!

 

そして、現在(2020年2月時点)、借入残高650万円まで膨張することになったのだ。

 

tad
tad

まぁ、サイテーだよね。

というわけで、早く完済人にならねば…

具体的な策はないけど。

 

✅2017年3月時点
借入残高・・・300万円
積立預金・・・30万円

※訪タイ中は、特にお金を使うことがなかったので、借入残高は変化せず!

 

第23話は、こちら

 

コメント

  1. […] 第22話は、こちら! […]

  2. […] ※第22話、【膨張編その12】は、こちら。 […]